支部長の頭の中はいつもネパール
毎日ネパールの事を考えてます。今日はこんな事を見たり聞いたり考えたりしています。


プロフィール

yakonepa

Author:yakonepa
宮城県在住

男性 

社団法人日本ネパール協会宮城・山形県支部の支部長ということでいろいろネパールに関わった活動をしております。
ネパールに関する知識は野狐禅レベルなのでヤコネパです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


W杯ブラジル敗退を苦にネパール少女自殺
11日付けのスポーツ新聞等によりますと9日早朝行われたW杯準決勝のブラジルvsドイツの試合でブラジルが1-7で大敗、敗退したのを苦にしたネパールの少女が自殺したとのこと。

日本での報道では自殺した事と、原因は友人に敗退をからかわれたためと極簡素な記事です。

ネパールでの報道も見つけましたがそのような記述が見つかりません。

-----------------------------------------------------------

Girl 'kills self' after Brazil’s World Cup defeatdefeat
女の子 は、ブラジル のワールド・カップ 敗北 の後 『自身 を殺します 』

ITAHARI, JUL 09
イタハリ 7月9日

- A downhearted girl apparently committed suicide here in Itahari after here favourite team Brazil lost against Germany in the FIFA World Cup semifinal match in Brazil .
ここでは 大好きな チーム ・ブラジル がブラジル での FIFAワールドカップ 準決勝 試合 で ドイツ に対して 負けた あと 、落胆した 女の子 はここ イタハリ で明らかに 自殺しました 。

Germany had defeated Brazil 7-1 in the semifinal match played at Belo Horizonte in Brazil on Tuesday.
ドイツ は、火曜日に ブラジル の ベロリゾンテ で される 準決勝の 試合 で 、7-1で ブラジル を破りました 。

The girl identified as Pragya Thapa, 17, of Sunsari, supposedly hanged herself to death after she could not come to terms with the humbling defeat of Brazil .
女の子 はスンサリのプラギャ・ タパ、17歳 と 特定されて 、彼女 がブラジル の 屈辱的な 敗北 と 合意する ことができ なかった あと 、おそらく 首を吊って自殺した。

Thapa, also a local athletic player, was studying in the tenth standard at the Morning Star Boarding School in Itahari.
タパ は地元の運動の選手でもあり、イタハリのモーニングスター・公立高校の10年生として勉強していた。

Police said that Thapa committed suicide after she returned home from watching the game with her friends.
警察 は、タパは彼女の友人 と 試合観戦から 帰宅後 、自殺した と言いました 。

Her father Mahendra Thapa is abroad for foreign employment.
彼女 の父 マヘンドラ ・タパ は、外国の 仕事 のために 海外に います 。

-------------------------------------------------------------
(ソース 7月9日付 ekantipur.com)
http://www.ekantipur.com/2014/07/09/headlines/Girl-commits-suicide-after-Brazils-loss-at-World-Cup/391961/


誰がどう考えても死ぬ程の事ではなかったのに。と思います。






児童労働反対世界デー
本日6月12日は児童労働反対世界デーだそうです。ネパールでもいろいろなプログラムが催されたようです。




デモ(パレード)の様子を見てこう思いました。
「あんたが歩っている道筋にも働かされている子供がいたでしょう?何故その子供を救わないの!?」

住民は皆知っているはずです。どこに子供を働かせているカーペット工場があるか。でも実際には助けない。もちろんパレード参加者は動員された人たちですから。参加している学生の微妙な顔。

集会の様子も報告されていますがこれは政府主催なのでしょうか?マオイスが村から児童を連れ去って兵士にしたり少女兵に乱暴した事実は今日のテーマとは違うのかな。

それにしても集会の場面、相変わらず私語がすごいですね。大人も子供も。

何も問題は解決しない平常営業のネパールでした。

児童労働反対世界デーに関する記事はこちらもどうぞ。
http://www.nepalnews.com/index.php/news/35512-world-day-against-child-labour-social-security-issue-continues-hindering-child-development-in-nepal



ようつべ紹介
特に今日に限った話題ではないのですが閑話休題ということで。

フジテレビ系の「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」という番組があります。水曜夜8時台の番組です。
昨年2013年11月6日、13日の2週にわたってネパール編が放映されました。
見逃した方にどうぞ。(私も1週見逃してました)






これをyou tubeにアップした方はネパール人の方なんですね。日本通ですね。



日本の猛暑、ネパールで報道
昨1日のネパールニュース・コムに日本の猛暑が報道されていました。
ネパールも酷暑の時期ですが、本場でも報道される日本の猛暑はネパール人にどう受け取られているのでしょうね。

------------------------------------------------------------------
Japan heatwave kills two, hundreds taken to hospital
日本の熱波は2人を殺し、数百人が病院に運ばれる


Two people have been killed and hundreds treated in hospital after a weekend heatwave swept over Japan, officials and reports said Sunday.
2人が死んだ、そして、週末熱波が日本を襲ったあと、何百は病院で交渉したと、当局とレポートには日曜日にありました。

A 74-year-old woman collapsed while working in a greenhouse in the eastern prefecture of Chiba on Saturday and was later pronounced dead.
74才の女性は、土曜日に千葉の東部県の温室で働いている間倒れて、後で死亡を宣告されました。

In Ibaraki, also in the east of the country, a 61-year-old was found collapsed in her garden and died.
茨城では、また、国の東部に、61才は彼女の庭で崩壊する所を発見されて、死にました。

On Sunday, a 76-year-old man was taken to hospital unconscious in Sera, in the western prefecture of Hiroshima, after collapsing near a river bank.
日曜日に、川岸の近くで崩れた後に、広島の西県で、76才の男性は、世羅に意識不明の病院へ連れて行かれました。

"He is suspected of having a heatstroke," a local ambulance worker told AFP by telephone.
「彼は、熱射病にかかっている疑いがあります」と、地元の救急労働者は電話でAFPに話しました。

The official said there were unconfirmed reports that the man had been working in rice paddies before collapsing.
当局者は、男が倒れる前に水田で働いていたという未確認のレポートがあると言いました。

More than 300 people were treated at hospital on Saturday alone, the public broadcaster said as mercury rose past 30 degrees Celsius (86 Fahrenheit) in many towns across the nation.
300人以上は、土曜日に単独で病院で扱われたと、水銀が国中の多くの町に過去30度摂氏(華氏86)上がったので、公共放送局は言いました。

The temperature reached 33 degrees C (91F) in central Tokyo by mid-afternoon Sunday with over 36 degrees C (97 F) recorded in Tatebayashi, north of the capital.
温度は、館林(首都の北)で記録される36度以上C(97F)で、日曜日に午後の中ごろまでに中部東京で33度C(91F)に達しました。

TOKYO, June 01, (AFP)
東京、6月1日、(AFP)

http://www.nepalnews.com/index.php/world-archive/35149-japan-heatwave-kills-two,-hundreds-taken-to-hospital






世界禁煙デー
ネパールの本日のニュースを見てますと今日31日は世界禁煙デーだった模様です。
ネパールでもノー・タバコ・ディの活動が見られました。

image1479309889.jpg
(写真はekantipur.comより)

写真の撮り方が上手いのでどのくらいの参加者がいるのかよくわかりません。

日本でのこの様な動きをニュースで知ることはできませんでした。あまりニュースに接していなかったせいでしょうか。気が付きませんでしたね。日本の禁煙・嫌煙活動家は今日は何をしていたのでしょう?それとも日本ではそれなりに成果が出ているのでもはや活動は下火なのでしょうか?それとも活動家はもはやメリットなしとしてこの活動から離れてしまったのでしょうか。そういう意味では日本よりもネパールの方が国際的?なのでしょうか。

一応国としてはちゃんと活動はしている模様です。
2014年世界禁煙デーについて

まあ、ポスターの立派なこと! →こちら

ネパールの場合、禁煙よりももっと大事なことがたくさんありすぎて、…よくわかりません。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。