支部長の頭の中はいつもネパール
毎日ネパールの事を考えてます。今日はこんな事を見たり聞いたり考えたりしています。


プロフィール

yakonepa

Author:yakonepa
宮城県在住

男性 

社団法人日本ネパール協会宮城・山形県支部の支部長ということでいろいろネパールに関わった活動をしております。
ネパールに関する知識は野狐禅レベルなのでヤコネパです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネパールでの帰国記事
昨日16日のnepalnews com.の記事、自動翻訳です。映像は昨日紹介しました。

---------------------------------------------------

Govinda Mainali , victim of Japan ’s faulty criminal justice system , arrives home
ゴービンダ ・マイナーリ (日本 の不完全な 刑事司法制度 の 犠牲者 )は、家に 到着し ます


Saturday, 16 June 2012 13:14
2012年6月16日土曜日13:14

Govinda Prasad Mainali , who served 15 years in Japanese jail after being wrongly accused of choking to death a 39 -year-old Japanese woman in March 1997 , arrived home Saturday noon .
ゴービンダ ・プラサード ・マイナーリ (1997年3月 (到着された 家庭の 土曜日の 正午 )に 39 才の 日本の 女性 を窒息死させた として 誤って 訴えられた 後に 、その人 は日本の 刑務所 に 15 年 勤めました )。

Mainali , 45 , of Jhapa , who was released by the Tokyo High Court to open retrialrecently , arrived Kathmandu via Bangkok with his wife Radha and two daughters-Mithila ,20 , and Alisha , 18 .
Jhapa (その人 は、最近 公開の 再審 に 東京高等裁判所 によって 解放され ました )の マイナーリ (45 )彼 の妻 ラーダー と 2人の娘-ミティラ(20)とアリーシャ(18) とともに バンコク を経てカトマンズに 到着した。

Mainali's mother and relatives had reached Tribhuvan International Airport to welcome him .
マイナーリ の母 と 親類 は、彼 を歓迎する ために、トリブバン 国際空港 に着き ました 。

He was released with the Japanese court granting new trial on June 7 .
彼は、日本 法廷 が6月7日 に 新しい 裁判 を授けて 解放され ました 。

Ruling for retrial was based on a new analysis that showed the DNA of semen found in the victim 's body did not match with Mainali 's, but did match with the DNA of body hair collected at the vacant apartment where the woman , an employee of Tokyo Electric Power Co. , was murdered , indicating an other man was the killer .
犠牲者 の体 で 見つかる 精液 の DNA がマイナーリ のものと 合わ ないで 、 女性 (東京電力 社 の 従業員 )が殺された 空の アパート で 集められる 体毛 の DNA と 合った ことを、示した 新しい 分析法 に 、再審 のための 判決 は基づき ました 。そして、もう一人の 男性 が殺人者 であった ことを示し ました。

The victim 's name has been with held fo rprivacy reasons .
犠牲者 の名前 は、プライバシー 理由 のために 保留になりました 。

The case grabbed headlines , particularly in Japan 's tabloid press which said the victim , a Tokyo Electric Power employee , was leading a double life as a businesswoman by day and a prostitute at night .
特に 犠牲者 (東京電力 従業員 )が夜に 日 と 売春婦 の ビジネスウーマン として 二重生活 を送っている と、伝えていた 日本 のタブロイド新聞 において 、ケース は見出し をつかみました 。

Prosecutors had maintained the victim engaged in sexual relations with an unknown numberof men while Mainali had the apartment key .
マイナーリ がアパート ・キー を持つ 間 、検察官 は未知の 数 の 男性 と 性交 に 携わっている 犠牲者 を支え ました 。

Mainali was acquitted of murder by the Tokyo District Court in April 2000 , but remained in prison pending an appeal by prosecutors .
マイナーリ は2000年4月 に 東京 地方裁判所 によって 殺人 を 免除された が、 検察官 によって 訴え まで 刑務所 に 残りました 。

In December of the same year ,the High Court over turned the district court 's ruling , saying Mainali had choked the woman to death and robbed her of 40,000yen( $500 )in cash .
同じ 年 の 12月 に 、 高等裁判所 は地方裁判所 の判決 を覆しました 。そして、マイナーリ が女性 を窒息死させて 、 現金で 彼女 から40,000 円 ( 500ドル ) を 奪った と言い ました。


ニュース元
http://www.nepalnews.com/home/index.php/news/2/19531-govinda-mainali-victim-of-japans-faulty-criminal-justice-system-arrives-home.html
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。