支部長の頭の中はいつもネパール
毎日ネパールの事を考えてます。今日はこんな事を見たり聞いたり考えたりしています。


プロフィール

yakonepa

Author:yakonepa
宮城県在住

男性 

社団法人日本ネパール協会宮城・山形県支部の支部長ということでいろいろネパールに関わった活動をしております。
ネパールに関する知識は野狐禅レベルなのでヤコネパです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


えほん紹介(1)
津波で被災した実家の解体工事が始まる前に荷物を移動させねばならず片付け方をしています。私の部屋は2階で津波の水は入りませんでしたが地震で全ての本棚が倒壊している状態です。

一つ一つ本を拾い集める作業は40年間の読書歴の再発見でもありました。
すっかり時代遅れの本、内容が現在では通用しない本、折れ曲がり癖のついてしまった本は泣く泣く処分しました。

懐かしい本、というか多くの荷物に埋もれて行方不明になっていた本が各種出てきました。

その中の本を紹介

5189QFZE43L__SL500_AA300_.jpg
      ( あくまのおよめさん 福音館書店刊 )

画がネワールの伝統絵画の様式で描かれています。まるでマンダラの世界が動いているような、中世ネパールをのぞき見たような気分になります。ストーリーは「長靴をはいた猫」と似ている?同じ?かな。

この本はしかるべき所に寄贈しようと思いますがさて、ネパールの児童図書館にしようか、日本国内の小学校の方が良いのか、どこにしようか悩んでいます。改めて読んでみるとやはり手放すのが惜しい。と言っても多くの子供達にも読んで欲しい。安ければ数冊購入したいところです。

1988年発刊で定価250円のこの本。アマゾンで見てみたら中古で800円!調べてみたら現在の定価が800円でした。

う~ん、ブ●ク・オフ探しのリストに入れておこう。



スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。