支部長の頭の中はいつもネパール
毎日ネパールの事を考えてます。今日はこんな事を見たり聞いたり考えたりしています。


プロフィール

yakonepa

Author:yakonepa
宮城県在住

男性 

社団法人日本ネパール協会宮城・山形県支部の支部長ということでいろいろネパールに関わった活動をしております。
ネパールに関する知識は野狐禅レベルなのでヤコネパです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神様の牛?
以下産経新聞の記事です。
---------------------------------------------------

第3の目を持つ牛誕生 「幸運の生き物」

インド南部タミルナドで最近、額に第三の目があるように見える子牛が誕生した。ヒンズー教の最高神で目が三つあるシバ神の化身ではないかと話題になり、遠方からも人々が訪れている。地元メディアなどが伝えた。

 飼い主の男性は「村に幸運を運んでくれる奇跡の生き物。わたしたちは神様のように崇拝している」と話す。一方、子牛自身は騒ぎに気付いていない様子で、母親に甘えたりしているという。(共同)

2014.9.18 15:21更新

----------------------------------------------------

映像もありました。



偶然を盲信する迷信深さこそが宗教ならではなのでしょうね。

周辺での騒ぎにこの子牛が一番戸惑っているのではないでしょうか。これからの波乱万丈な人生(牛の人生?)が予想されます。
幸せに暮らせるといいですね。


スポンサーサイト

今年も開催されます ネパールフェスティバル
関係者の方より問い合わせがありました。「上野公園で開催されるネパールフェスティバルなんですけど…」

全くわかりません。

毎年開催されているのをインターネットを通じて知るような状態で、今年の開催に関しても初耳でした。

調べてみると今年は9月20(土)・21(日)日の2日間、上野公園で開催されるらしいです。

2014-09-20-nepal-fes.jpg


実は連絡先に連絡してもどこにも電話がつながらないので何故なんでしょうか、という問い合わせが私に回ってきた次第です。私もこの件に関しては回答できる情報もなく、電話が繋がるまでかけてもらうしか方法がないと思います。ネパール人が中心となって活動しているのでしょうか。そうであれば皆働いているでしょうし意思の疎通も難しいかな。
日ネ協会の事務局も常駐ではないので月・水・金の午後でしたっけ?人がいる時に電話すると繋がります。

東京近郊の皆さん、行ける人、ぜひご参加ください。

公式HP http://www.nepalfestivaljapan.com/

Facebook https://www.facebook.com/nepalfestivaljapan







NIJI 受賞!
前日紹介の田植えを主催する団体、NIJI(虹)は長年の活動が認められ、昨年「正力松太郎賞」を受賞したとのことです。
今回のお手紙で初めて知りました。代表の宇野住職、遅くなりましたがおめでとうございます。

kiichi552c.jpg


OKバジ 仙台講演
今年もOKバジこと垣見一雅氏の講演会が仙台で開催されます。
皆さん宜しくお願いいたします。



kiichi548b.jpg


東京タワーでネパール展  6/1~2のたった2日間!
マイナビニュースよりの転載です。行ける方は是非!


------------------------------------------------------------

東京都・東京タワーで、エベレスト初登頂60周年記念「大ネパール展」を開催

在日本ネパール国大使館は6月1日・2日、東京タワーにて、エベレスト初登頂60周年記念「大ネパール展(Everest Nepal Exhibition)2013」を開催する。

東京タワーでネパールを体験しよう

          20130528mynabi.jpg


インドと中国に挟まれた、ヒマラヤの国ネパール。海抜ほぼ0メートルから8,848メートルまで、小さな国土に世界でもまれな、様々な分野で垂直分布を見せる同国は、日本との外交関係樹立57年を迎えた。

プロスキーヤー、三浦雄一郎氏の最高齢でのエベレスト登頂成功で話題となるも、多くの日本人にとってネパールはまだまだ未知の国。同展では、そんな神秘の国ネパールと、世界最高峰エベレストを知ってもらいたいとの思いから、日本在住のネパール10+ 件人と山の仲間がネパールを紹介する。

エベレスト登頂者の先導で、タワーの大展望台まで外階段をエベレスト登山に見立てて登るプラン「クライム・ザ・タワー」や植村直己氏の装備展示、藤田弘基氏の迫力あるヒマラヤ風景の遺作写真展を開催する。

ほかにも、民族舞踊と生演奏を楽しめる「ネパール舞踊と音楽」、在日ネパール人の店「ネパールバザール&レストラン」、エベレスト初登頂ビデオや日本隊初登頂ビデオを紹介する「フィルム・ショウ」などを実施、盛りだくさんの内容となるという。

開催期間は、6月1日・2日 10時30分~19時。会場は、東京タワー 1階&4階ホール(東京都港区4-2-8)。入場無料。ただし、東京タワーの外階段を使用し大展望台まで登る「クライム・ザ・タワー」(11時~16時)は、展望料金820円が必要。その他、詳細は同イベントWebページで確認できる。

http://www.nepaken.com









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。